ご家族の介護の問題を
解決安心して暮らせる
お手伝い

ご利用までの手続き

居宅介護支援事業(ケアマネジメント)を初めてご利用される方のお手続きをご案内します。
既に介護認定を受けられている方は、ご契約の説明からとなります。

相談・お問い合わせ

先ずKHS 居宅介護支援事業所へ連絡ください。平日はもちろん、土日・祝祭日もお問い合わせいただけます。

介護保険申請

KHS のケアマネージャーが介護保険の申請を代行いたします。

認定調査

大阪市から委託を受けた調査員が自宅や入院先の来てくれます。KHSのケアマネージャーもできる限り同席いたします。

※認定結果を待たずに契約してサービスを受けることも可能です。 ただし、認定を受けるまでの費用負担は自費扱いとなります。詳しくは担当ケア マネージャーまで相談ください。

認定審査会

この会議で介護度が決定します。

ご 契 約

KHSの居宅介護事業所と契約

地域包括支援センターから委託を受けてKHSケアマネージャーが支援しています。

ケアプラン作成

本人様および、ご家族さまはもちろんのこと、各専門職の意見も聞きながらケアプランを作成します。

サービスの開始

作成されたケアプランを元にサービスがスタートします。 私たちは、そのサービスの提供がなされているか、他に問題が無いかを継続してサポートいたします。

相談・
お問い合わせ

先ずKHS 居宅介護支援事業所へ連絡ください。平日はもちろん、土日・祝祭日もお問い合わせいただけます。

介護保険申請

KHS のケアマネージャーが介護保険の申請を代行いたします。

認定調査

大阪市から委託を受けた調査員が自宅や入院先の来てくれます。KHSのケアマネージャーもできる限り同席いたします。

※認定結果を待たずに契約してサービスを受けることも可能です。 ただし、認定を受けるまでの費用負担は自費扱いとなります。詳しくは担当ケア マネージャーまで相談ください。

認定審査会

この会議で介護度が決定します。

ご 契 約

KHSの居宅介護事業所と契約

地域包括支援センターと契約

地域包括支援センターから委託を受けてKHSケアマネージャーが支援しています。

ケアプラン作成

本人様および、ご家族さまはもちろんのこと、各専門職の意見も聞きながらケアプランを作成します。

サービスの開始

作成されたケアプランを元にサービスがスタートします。 私たちは、そのサービスの提供がなされているか、他に問題が無いかを継続してサポートいたします。

契約について

契約実務

ご利用に必要な書類と個人情報の取扱い

介護認定を腕に受けられている方、今回新たに認定を受けた方も介護保険のサービスを受けるためには、ケアプランを作成する必要があります。
ケアプランをお手伝いするために、多根総合病院居宅支援事業所との契約が必要になります。
ここでは、契約とそこに必要な書類について説明をいたします。

また、最初の契約の際に確認いただく書類は、契約書 2 部、重要事項説明書 2 部、個人情報使用同意書、居宅サービス計画作成依頼届出書(介護保険課に提出する書類です)と、なっています。

重要事項説明・契約書

契約について、ご案内します。重要事項説明と契約書、個人情報使用同意書についてご案内いたします。
重要事項とは、基本的に私たち事業所の説明です。契約は、お手伝いをさせていただくための約束です。

重要事項説明書

重要事項説明書とは、私たちのサービス内容や事業所の内容を明確に説明するためのものです。
この重要事項説明書には以下のことが含まれています。

  • 事業所の概要
  • 相談と苦情の窓口
  • 職員体制
  • 営業時間
  • 料金について

この書類には、料金の明示があります。
初めて介護保険を利用される方には、気になるところですのでここでも説明させていただきますが、「利用料金としてケアプラン作成料は○○円ですが、介護保険から全額給付され るので利用者の負担はありません。 」という説明がありますのでご安心ください。

安心要素としては「ケアマネジャーの変更や事業所の変更もいつでも要望があれば可能です。」 この内容を私たちが、利用者さまに説明したことこそが重要であり、契約の前に説明させていただき、「説明を受けたこと」を確認する 署名をいただきます。

契約書

契約書は、重要事項説明書の内容と同じです。契約書は、この内容を約束するための書面です。
この契約書では以下のことを明確にしてお互いに確認することが目的です。

  • サービス提供の記録を保管する機関の定め
  • 料金(ケアプラン作成については、利用者負担がありません)
  • 契約の終了(契約が終了するときの事、終了させる方法について説明します)
  • 秘密保持(個人情報保護法の定める通りにサービスが提供されることの確認)
  • 賠償責任(契約書の性質として必要な内容です)
  • 相談苦情(社会保障制度ですので、第三の受付があるので安心です)

この契約書では、お互いの権利を明確にして約束を確認するものです。
契約書という言葉に重みがあるように感じますが、特に難しいことではありません。
初めて介護保険を利用される方は、理解できない部分もあるかと思いますが安心して約束を結べるように説明させていただきますので「わからないことは気軽に聞いてください

個人情報使用同意書

ケアプラン契約における個人情報使用同意書で、同意をいただく必要があります。
同意書には、以下の内容が含まれています。

  • 使用する目的(居宅サービス計画作成やサービス担当者会議など)
  • 使用に当たっての条件(範囲やサービス担当者会議などで使用した場合の記録の件など)
  • 個人情報の内容(何が個人情報に当たるのかを具体的に説明します)
  • 使用する期間(契約締結日から契約終了日までなど)
  • 問い合わせ先

この契約書では、お互いの権利を明確にして約束を確認するものです。
契約書という言葉に重みがあるように感じますが、特に難しいことではありません。
初めて介護保険を利用される方は、理解できない部分もあるかと思いますが安心して約束を結べるように説明させていただきますので「わからないことは気軽に聞いてください

ダウンロードにあたり、pdf ファイルを使用しているため、adobe systems社の『acrobat reader』をインストールしていることが前提となります。
まだお持ちでない方は、こちらのバナーからアクセスして下さい。

acrobat reader